転職を考え始めた理由は親の面倒をみなけらばいけないというのがきっかけ

転職を考え始めた理由は親の面倒をみなけらばいけないというのがきっかけでそれまでは全然考えていなかった。
全職が全国転勤ありでしかも転勤のスパンが不定期のため全く人生設計を立てることが出来なかったが若いうちはそれほど考えていなかった。
しかし現実的に親の面倒をみる必要性が出た時に今後の人生を照らし合わせたところ転職するということになった。
実際次の仕事が決まってから前職を退職したので間は空いていないが有給消化中は不安で仕方なかった。
また現在転職して5ヶ月になろうとするがやはり39歳での転職で不安がないというとうそになってしまう。
入ったばっかりで知識も技術も信用もなく新人扱いになってしまうのは仕方ないが「自分はこれでいいのか?」と思いことは多々ある。
よかった点
親の近くで暮らすことができ何かあってもすぐに駆けつけることが出来る。
転勤リスクが軽減、人生設計が出来るようになった。
単身赴任からの開放
残業の軽減、プライベートの時間が持てるようになった
悪かった点
これからだと思うがやっていけるのかという不安
収入の減少
新しい人間関係の構築

転職サイトのおすすめはこちら ⇒ http://nununi.net/

 

転職を考えたことはありますが結局転職しませんでした

転職を考えたことはありますが結局転職しませんでした
今の職場ではある程度安定した給料がもらえます
やりがいややる気がない、転職したい目的がはっきりせず勇気もありませんでした
30歳までには転職したいや子供が小さいうちにとか考えているうちに年をとって安定を取り現在に至ります
転職した友達の話など聞きましたが、当然ですが全てが成功した話ばかりではないことや自分がアピールできる材料もなかったことなど今となっては良かったのか悪かったのかわかりません
結果的に転職はしませんでしたが何かあるたびに転職の事を考えます
知人に励まされることやアドバイスをもらうこともありいろいろな話を聞いて考え方も少しずつ変わっているきがします

20代後半に転職したいと思って「転職したいと思ったら読む本」みたいなタイトルの本を読んだことがありますが、その時にメモした内容を40過ぎて読み返したことがあったのですがその頃と考え方があまり変わっていないことに気づいてあまり成長していないことにショックを受けています

結局転職しなくてよかった? かも。

一回仕事をしてから、他の仕事の説明会などに行くと

一回仕事をしてから、他の仕事の説明会などに行くと、何を優先して仕事を決めるかが改めてわかるので、
失敗する可能性が低いと思うし、いろいろな経験ができて、自分のタメになると思う。
コミュニケーション能力も上がると思う。
プライベートでも役に立ったり、経験が多いと新しい職場でも役に立つことがあるはず。
その反面自分の先輩に年下の人などが居る可能性も大いにあるので、それに耐えられるかも問題。

転職サイトなどに登録すると(全部が全部そうなのかはわかりませんが)、採用情報のメールがとても多く、たまにうっとうしくなる時がある。
それに付随して、見たい情報などを後回しにしていると、あとから来たメールに埋もれてどこに行ったか分からなくなる。
しかし、自分に合った仕事の採用情報などがきて、興味がないのは来ることがないように設定できたりするのでその点は便利だと思った。
登録や解約も意外に簡単だったのでそれも良かった。
なので、いろいろな転職サイトに登録するとそれだけメールもたくさん来るので、厄介かもしれません。
どこのサイトがいいかは自分に合ったものがあると思うので、それに絞ったほうがいいかと。

転職をするにあたって、まずは休みたい曜日が確実にあった為、そこを選択して絞れるサイトはとても良かった。

転職をするにあたって、まずは休みたい曜日が確実にあった為、そこを選択して絞れるサイトはとても良かった。
キーワード検索のみだと、なかなか上手く引っかからないことが多いので、何曜日休みたいのかを選択できるのは良い。
また、土日休みとまとまっていることが多いので、そこを日曜だけ等、細かく検索できればなお良いと感じた。
そして、転職サイトで実際に勤めたことのある人のクチコミはとても参考になった。給料や福利厚生に関して、社内の雰囲気に関しての情報が転職サイトについているとわざわざほかのサイトを検索しないで良いのでありがたい。しかし、大手でなければ中々クチコミも件数がないので入社してみなければわからないのが現実である。
面接が何回あるのか、エントリー後採用までどのくらいの日数がかかるのかもわかると助かる。
今の会社に勤めてみて、勤務時間と給料が比例していないと感じるが、やってみたい仕事につけたことを考えると、他を探してまで、、と次へ気軽にとはいけない。年齢を考えると段々と転職することも難しいくなっていくし、学歴や資格がないと結局は給料の安いところしか見つからなかったりする。もしくは、土日勤務をおこなうこと。当たり前だが、条件を加えれば加えるほど、職の数は少ないしリスクも大きい。書類や手続きを含めて転職は結構大変というか面倒でもあるので、それをこなしてまで転職したほうが良いと感じる企業に出会えばよいと思った。
残業代がしっかりつくのか、そこが意外とグレーであったりするのが厳しいと感じた。

基本的に同じ仕事を長くすることに関心が無く、色々な仕事の経験をしてみたいと思っていました。

基本的に同じ仕事を長くすることに関心が無く、色々な仕事の経験をしてみたいと思っていました。転職の回数は8回いじょうになります。すぐに辞めても大丈夫な様に、短期派遣などが多いです。1個前の仕事で人生で初めて正社員になったのですが、仕事が終わらなければ定時に帰れないことや、休みたいときに休みが簡単に取れないのは不便だなと思いました。正社員になってみても、自由が無い様な感じがしてしまい、バイトや派遣で気楽に働いて、好きなときに休みをとって気軽に海外旅行などに行けるような仕事の方が合っていると思いました。実際に転職をしてみて思ったことは、やはり色々な仕事を経験するのはおもしろいという事です。職場が変われば、出会う人もかわり、自分に対しての評価も違います。様々な価値観の中で生きていて、自分という存在を色々な角度から見つめ直すことができます。また、接客、事務など色々な仕事を経験するので、転職に対して恐怖感が無くなり、新しい環境へ飛び込むことがスムーズにできるようになります。人生には色々な生き方があり、転職を繰り返そうが、同じ仕事をずっと続けようが個人の自由であり、自分の良いと思う道を進むのがベストだと感じました。理想の会社としては、従業員が働きやすく、安定した給料、適度な休日、定時に帰れるところです。しかし、なかなか自分の理想通りの完璧な職場を見つけるのには時間がかかりました。いずれは、自分で独立し好きな様に働く環境で生きて行こうと思っています。

転職する前は、どんなに残業してもやりがいのある仕事に就いて、それなりに充実していたと思う。

転職する前は、どんなに残業してもやりがいのある仕事に就いて、それなりに充実していたと思う。
けれど、同僚から「そんなに残業してたり、他の仕事手伝ってるならもっとお給料もらってもいいんじゃない?話してみれば?」と言われ
初めて自分の仕事に見合うお給料をいただいているのか考えました。
それからは、他の人はどのくらいもらっているのだろう、同じ仕事でも違う会社だったらどのくらいもらえるのだろう…と考え始め、上司にちらっと話してみました。
そこで返ってきた答えは、「昇給?あ、無理。」ろくに話も聞いてくれず、こちらが納得いく理由も話してくれず…しばらくは悩みました。
上司はともかくとして、同僚や会社には愛着がありましたし、嫌いな仕事ではなかったからです。
しかし、自分の人生です。もやもやした気持ちで仕事していくのも嫌だと思い、転職活動をする前に退職してしまいました。
その後の転職活動は苦労しました。思い立ったらすぐ行動、この自分の性格が裏目に出たのです。生活もかかっていたので、やはり在職中に転職活動すべきでした。その方が気持ちにも余裕があり、あせらずに転職先を見つけることができると思います。
2か月後に就職先が決まった時は、嬉しくて泣きそうでした。
今ではその会社も寿退社してしまいましたが、お世話になった上司とは今でも連絡を取り合っています。もちろん最初の「昇給?あ、無理。」の上司とはそれっきりですが。
会社に愛着があっても、おもいきって転職してよかったと思っています。

転職活動を考えたきっかけは

転職活動を考えたきっかけは、収入が安い、サービス残業が多い、休みが少ない、社内の人間関係がぎすぎすしているからである。
まず、収入の安さ。入社前の説明では昇給制度や賞与があると言っていたのに入社して見ると実際は昇給なし。賞与も出ないときが多く、出たとしても給料の3分の1以下というお小遣い程度。何年働いても一向に給料が上がらず、新しく入ってきた後輩と同じ給料なのはこたえる。
次に、サービス残業の多さ。給料が安いので、この会社では残業することで収入を増やす必要がある。なので、生活のために社員は夜遅くまでこき使われる。しかし、退社時間を操作され働いた分の残業代は支払われず。
そのくせ、営業は安くて難しい仕事を大量にとってくるから、社員は土日も働かされる。土日出金した場合は振り替えがつくが、振り替え休暇を消化することはほぼない。
安い給料で休みなく働かされた社員は肉体と心を患い、一人、また一人と辞めていく。

これまで真剣に転職活動をしたことはない。ハローワークにでかけ求人の資料を閲覧した程度。求人を出している仕事が数多くあったが、どれも似たような内容。転職しても今いる会社と結局同じなんだろうなと思い、先へは進まず。

大学を卒業してから、長年社会人として働いてきて

大学を卒業してから、長年社会人として働いてきて、ある程度の知識や、意欲も高まり、転職したいという気持ちが強くなってきました。とくに会社の不満があったわけではないのですが、今の時代、新卒で就職し、同じ会社で定年まで勤め上げる「終身雇用」という概念は、ちょっと古いのではないかなと感じるようになりました。また、そういう社会ではなくなり つつありとも感じています。昔は4大卒も必須条件でしたが、今では高卒でも専門卒でも、即戦力やその人の技術、能力が評価される時代になってきているし、 自分の価値を高めたい、と思いながら転職するのは普通だと思います。とくに私は英語科卒漁で、語学が得意なので、今後、国際的な資格でキャリアアップを図りたいとも考えており、国際 資格の優遇がある企業を探しました。いろいろと転職サイトを使ってみましたが、やはり持っている求人数・情報量は大手転職エージェントが圧倒的に多いので、そちらを利用して今の仕事につきました。現在は忙しいですが、やりがいもあり、充実して今sう。転職してよかったと感じています。

65才までホテルの守衛兼管理人をしていて

65才までホテルの守衛兼管理人をしていて、廻りにも65才で仕事は辞めると、公言していたので職場でも契約を打ちきられました。
此処までは予定していた通りでしたが、前年度の収入で税金が掛かる事はしらなかったので、収入の無い所から持って行かれる税金は非常に高く、
生活にも響くので、再び仕事捜しから始めました。
俺はこれこれの仕事しか出来ないとかやれないとかの、贅沢を言わなければそこそこ仕事は有りますので以前の肩書等は要りません。
現在の仕事は北越警備保障株式会社の派遣社員として、特別養護老人ホームで3日に一度、泊りの夜勤勤務で夕方5時から翌朝8時30分まで、働いて居ります。
仕事の内容は電話の取次と、夜と深夜の戸締りと、消灯の見廻りに朝の点灯と戸締りチエックの見回りが主な仕事です。
これを3人でローテーショウンを組んで、年中無休で勤めます。
拘束時間は15.5時間と長いですが、夜の10時に見廻りをしたあとは、24時まで休憩を取り、24時の見廻りをした後は翌朝4時30分頃まで
仮眠を取る事が出来ます。
但し入所者に急病の患者が出た時は、救急車の受入れや、出入口の鍵を開けたり患者さんが出た後も、看護師さんが戻るまでは待機をしているので、
そんな時は眠れない時も有ります。

実体験として、直接企業にコンタクトを取るより転職エージェントや転職サイトを経由するほうが転職活動はスムーズだと思います。

実体験として、直接企業にコンタクトを取るより転職エージェントや転職サイトを経由するほうが転職活動はスムーズだと思います。
まず、新聞や職安には出ていない、条件の良い求人情報がたくさんあります。
そして、応募前に競争率や詳細な条件等、求人広告を見るだけではわからない情報を教えてくれます。
さらに、登録時に実施した適正テストの結果等を踏まえ自分に合った仕事内容を提案してくれるなどたくさんのメリットがあります。
今の会社は転職エージェントを通じて紹介して頂き、勤務して8年目になります。
取り扱っている商品が正直あまり関心のない分野でしたので、全く選択肢に入っていませんでした。
自分一人で探していたら絶対に選ばない会社だったと思います。
ですがコーディネーターの方に強くおすすめ頂き話を聞いてみると休日・給与・福利厚生などの待遇が希望の条件とピッタリ合致、
仕事内容もこれまでの事務経験のスキルを活かしつつ、スキルアップも見込める内容であったこともポイントで、応募を決めました。
予め企業側の条件をクリアしていたこともあり、面接から採用まで3日程で決まりました。
29歳という年齢もあり、絶対に失敗したくない転職活動が成功したのは転職エージェントのおかげかなと思っています。