転職する前は、どんなに残業してもやりがいのある仕事に就いて、それなりに充実していたと思う。

転職する前は、どんなに残業してもやりがいのある仕事に就いて、それなりに充実していたと思う。
けれど、同僚から「そんなに残業してたり、他の仕事手伝ってるならもっとお給料もらってもいいんじゃない?話してみれば?」と言われ
初めて自分の仕事に見合うお給料をいただいているのか考えました。
それからは、他の人はどのくらいもらっているのだろう、同じ仕事でも違う会社だったらどのくらいもらえるのだろう…と考え始め、上司にちらっと話してみました。
そこで返ってきた答えは、「昇給?あ、無理。」ろくに話も聞いてくれず、こちらが納得いく理由も話してくれず…しばらくは悩みました。
上司はともかくとして、同僚や会社には愛着がありましたし、嫌いな仕事ではなかったからです。
しかし、自分の人生です。もやもやした気持ちで仕事していくのも嫌だと思い、転職活動をする前に退職してしまいました。
その後の転職活動は苦労しました。思い立ったらすぐ行動、この自分の性格が裏目に出たのです。生活もかかっていたので、やはり在職中に転職活動すべきでした。その方が気持ちにも余裕があり、あせらずに転職先を見つけることができると思います。
2か月後に就職先が決まった時は、嬉しくて泣きそうでした。
今ではその会社も寿退社してしまいましたが、お世話になった上司とは今でも連絡を取り合っています。もちろん最初の「昇給?あ、無理。」の上司とはそれっきりですが。
会社に愛着があっても、おもいきって転職してよかったと思っています。

コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト